0円転売、やり方さえ覚えれば利益100%!

この記事は4分で読めます

 「転売」は皆さんご存知かと思いますが、最近「0円転売」という言葉を耳にすることが多くなってきませんか。転売と言えば1円でも安く商品を仕入れ、仕入れ値より1円でも高く販売することです。

 転売をする人は、この1円でも安く仕入れるということに全力を注いで様々な店を検索し、時には実際に足を運んで商品を仕入れています。しかし一生懸命仕入れた商品も実際には売れずに在庫になってしまったり、売れたとしても結局仕入れ値とさほど変わらない値段になってしまったりとなかなかモチベーションを維持して続けていくことが難しいという人も少なくありません。

 その結果これから転売を始めようと思う人にとっては、最初の一歩を踏み出す際の大きな壁になってしまっているのが現実です。

 0円転売は言葉の通り「0円で仕入れたものを転売する」ということですが、0円で仕入れをすることが果たして可能なのでしょうか。こんなことが本当に可能なら転売を始める敷居がグンと低くなり始めやすくなること間違いなしです。複雑な方法ではないか、違法な方法ではないのかと思われる方もいるかもしれませんが「0円転売」はまず考え方を一新することがポイントとなります。

 今回はどんなことをすれば「0円転売(=0円仕入れ)」ができるのか説明します。

考え方を変えて0円転売

 

 0円で仕入れと聞くと「0円の商品を置いている店なんて本当にあるのだろうか」と思われるかもしれませんが、0円転売のスタートは考え方を変えることから始めます。

 お店をいくら探しても0円の商品なんてハッキリ言ってありません

 ではどこで、となりますがご自分の身の回りをよく見渡してみてください。不要になったものが転がっていませんか。
 そう、0円転売の始めの一歩は自分の身の回りにある不用品をヤフオクやメルカリなどを使って販売することから始まります。仕入れと聞くとお金を払って購入し手に入れなければと思ってしまいがちですが、身の回りの不用品や無料で手に入れられるものも「お金を払ってでも手に入れたい」と思っている人が必ずいます。0円転売はそこに着目して仕入れと販売をしていきます。
  考え方を柔軟にすれば販売できるものはたくさんありますので一度身の回りをゆっくり見渡してみましょう。「こんなもの絶対売れない」という考えは厳禁です。

こんなものでも0円転売

 身の回りの不用品を転売すると言っても限界があります。
 0円転売はそこで終わりかというとそうではありません。以下に挙げるものも0円転売できる商品ですので是非参考にしてみてください。

ホットペッパー ⇒ ただし何でもいいという訳ではありません。お金を出してでも買いたいというもの「どこを探しても手に入らないもの」限定になります。人気アイドルやその時注目されている人物が表紙を飾った時はチェックしておきましょう。

・チラシ、パンフレット、カタログ ⇒ 映画館にあるチラシは出演する人気俳優や女優、アイドルのファンにとってはお金を出しても手に入れたいものですし、自動車・家電・旅行・イベントなどのパンフレットやカタログもマニアにとっては価値もあるものです。常識の範囲内で持ち帰り転売してみましょう。

新聞 ⇒ こちらも何でもいいという訳ではありません。号外や話題のニュース、芸能人関係の新聞です。またオリンピックなどの大きなイベントのものも売れやすくなります。

貝殻 ⇒ 意外かもしれませんが、売れます。ハマグリ・サザエ・アワビ何でも売れます。自分で食べた時はもちろん、鮮魚売り場・貝類の加工工場などでも手に入りますので探してみましょう。綺麗に洗うこと、割れやすいので梱包に注意することがポイントです。

どんぐり&松ぼっくり ⇒ これも売れます。季節ものにはなりますが需要は確実にありますので集めてみてください。ただし、虫がいるので必ず熱湯で茹でて天日干ししてから出品しましょう。また、採取する際私有地や保護区域での採取は禁止ですので気を付けてください。

・サプリなどの無料サンプル ⇒ 電話やハガキなどで無料で貰えるものを転売する方法です。

化粧品の試供品やサンプル ⇒ メルカリやヤフオク!で良く売られています。人気ブランドであれば高額で販売することも可能で、中には化粧品を無料で貰うことができるサイトもあるので検索してみましょう。もちろんデパートや百貨店、薬局にある持ち帰り可能な試供品を手に入れるのも1つの手段です。

懸賞の当選品 ⇒ 確実に手に入れられるという訳ではありませんが懸賞の当選品も転売可能です。テレビや雑誌はもちろん懸賞サイトも存在するほど日々多くの懸賞品が更新されていますので、片っ端から応募しても良いですし商品に狙いを定めて応募してみたりとチャレンジしてみてください。ただしサイトを使って応募する際は安心安全なサイトを利用するようにしましょう。<チャンスイット・懸賞生活などおすすめです>

・クーポン券 ⇒ 近年ではクーポン券を発行する店舗が増えてきています。自分にとっては不要なクーポン券も必要とする人は必ずいますので転売してみましょう。価格は1,000円にも満たないのがほとんどですが、捨てるよりもお金に換えたいという方は試す価値ありです。

離婚届 ⇒ 直接取りに行きずらいのでしょうね。これも売れます。

 いくつか挙げてみましたが、どれも決して高額で売れるわけではありません。小さなものをコツコツ積み重ねという形ですが、0円で仕入れられるものの参考にしてみてください。大切なのは「これは売れないだろう」という考えを捨てることです。

0円転売は卒業が必要

 これまで説明したように0円転売は身の回りもものから意外なものまで固定概念を捨てれば何でも転売の商材になります。しかし「無料で仕入れる」ことは資金を使って仕入れを行うことよりも効率性は確実に低く、長く続けるには限界があります。

 あくまでも転売を始めたいけれど「売れるか不安」「転売の流れを経験したい」という方が経験を積み転売の一歩を踏み出すきっかけにするための役割を担っていると考えた方が良い方法になります。

 初期投資や在庫の心配がなくテスト的な販売ができ転売に慣れてきたら、将来的に大きな収入を得るためにも「0円仕入れ」はどこかのタイミングで卒業する必要があります。

例外的な0円転売

 Amazonには商品代無料の商品が出ていることがあります。本当に0円で手に入れていいのか不安になりますが、お金とは別のもので商品を手に入れることになります。
 それは「評価」つまりレビューです。お金を払う代わりに商品レビューをすれば0円で商品を手に入れることができます。
 こちらは高額で販売することができるので一度見てみるのもいいかもしれませんね。

 詳しくは「amazonで0円仕入れ!?やり方を徹底紹介!」で紹介していますので参考にしてみてください。

まとめ

 0円転売は言葉だけ聞くと難しく感じてしまうかもしれませんが、売れるものを聞くと身の回りにたくさん見つけられるのではないでしょうか。ゴミだと思って捨てるのではなくヤフオク・メルカリに出品してみてください。お金を出してでも欲しいと思っている人が必ず見つかります。

 一方で長く続け安定した収入を望む場合には不向きな面もありますので、自分が転売をどのように活用していきたいのか考えながら「0円転売」をうまく利用していってください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

いつも応援ありがとうございます!

最近のコメント