仮想通貨

仮想通貨の種類はいくつ?おすすめの銘柄は?

現在、仮想通貨の種類は1500を超えていると言われています。

その1500種の中には詐欺コインやシステム的に脆弱なものが多くあるため、日本国内の仮想通貨取引所に上場するには金融庁の許可が必要になります。

そのため、国内の仮想通貨取引所に上場している仮想通貨は14種類しかありません。

それぞれどのような特徴があるのかをまとめてみましたので、是非参考にしてみてください。

 

仮想通貨の種類一覧

現在日本の仮想通貨取引所で取り扱われている通貨は下記のとおりです。

・Bitcoin(ビットコイン)

・Ethereum(イーサリアム)

・Ether Classic(イーサリアムクラシック)

・Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)

・Ripple(リップル)

・Lisk(リスク)

・Factom(ファクトム)

・Monero(モネロ)

・Augur(オーガー)

・Zcash(ジーキャッシュ)

・NEM(ネム)

・DASH(ダッシュ)

・Litecoin(ライトコイン)

・MONAcoin(モナコイン)

他にも、日本や取引所が独自に開発した仮想通貨もありますが、この14種への投資が推奨されています。

 

Bitcoin

世界で初めて作られた仮想通貨がこのビットコインです。国が発行する通貨と同様に世界中で使える通貨になることを目的として作られました。

最大の特徴は、組織や企業といった特定の管理者が存在しないことです。ビットコインをはじめすべての仮想通貨はその取引の記録と承認作業を世界中のネットワークに分散して管理していて、取引の際に第三者が介入しないのです。この技術をブロックチェーン呼び、ネットワーク参加者全員でビットコインの管理をしています。

ビットコイン取引における記録と承認作業のことをマイニングと言い、この作業に成功することにより報酬として新規発行されたBTC(ビットコインの通貨単位)が支払われることになります。こうした作業と報酬を用意することで、不正を防ぎ銀行を介さず個人間での直接送金を可能としたのです。

世界中に7400台あるノードと呼ばれる各サーバーが、現在までのすべての取引をそれぞれ保有しており、誰でもこの記録を閲覧できる透明性の高い通貨なのです。

こうした仕組みを分散型台帳と呼び、仮想通貨すべての基礎になっています。

現在ビットコインは、中央機関に依存すること無く個人で資産を管理できるような汎用性と流動性の高い一種の金としての価値を求められています。

 

Ethereum

ビットコインよりも出来ることの幅が増えたものがイーサリアムです

イーサリアムはEthereum Virtual Machine(通称・EVM)と呼ばれるプラットフォームを作り、独自アセット(資産のことでトークンと呼ばれる)を作成することを可能としました。

このプラットフォームを活用して、様々な仮想通貨やプラットフォームが100以上も作られています

しかし、そうしたトークンを作成するには高度な技術が求められ、バグが起きやすいという問題があります。

また、スマートコントラクトというある一定の条件下での確認から履行までを自動的に実行する技術を使用しているのも特徴です。一番身近なスマートコントラクトの例は交通系ICカードが挙げられます。チャージした金額から運賃を自動的に引き落とすといった、契約を自動で執行しているプログラムのことをスマートコントラクトと呼びます。

設定した条件に従って自動で貸付や支払いが可能になる、ということです。

イーサリアムは、証券や債権、不動産等の契約情報もブロックチェーンに保存でき、幅広い可能性が注目されています

 

Ether Classic

イーサリアムから分裂してできた仮想通貨で、イーサリアムとの仕組みの差は殆どありません

イーサリアムクラシックが出来た経緯には、The DAO事件というイーサリアムシステムを利用したプロジェクト中に起こった不正送金が関係しています。その際のメンバー間での意見の相違から誕生したのがイーサリアムクラシックで、The DAO事件以前からのシステムを使用しています。

開発しているチームが違うため、将来的にはイーサリアムと全く違った通貨になることも予想され、今後の開発と方向性に注目が集まります。

 

Bitcoin Cash

ビットコインのブロック(取引記録台帳)のサイズ問題を解決しようと開発された仮想通貨です。

ビットコインのブロック容量は1MBと現在流通している仮想通貨の中でも容量が小さいのですが、ビットコインキャッシュではその容量を8MBに増量されています。ビットコイン同様、ブロックの生成間隔は10分と他の仮想通貨に比べて長いですが、ビットコインよりも多くの取引が処理できることが魅力です。

決済システムとして考えるには、ブロック生成間隔を短くする必要があります。

イーサリアムクラシック同様、元になった開発チームと異なるために今後どういった変化が起こるのかに注目が必要です。

 

Ripple

決済の速度を飛躍的に向上させ、送金の際の仲介手数料を削減させるためプロジェクトから生まれた仮想通貨です。

銀行を介した送金は平日の昼間しか出来ず、国際送金にはいくつもの金融機関を経由する必要がありましたが、リップルのRCクラウドと呼ばれる決済プロトコルを使うことでいつでも即時に取引が成立します。

すでに多くの銀行がリップルの決済プロトコルを導入することを発表しています。リップルの通貨XRPが法定通貨と取引され続けていけば、XRPの価格が安定し、価格変動による送金リスクが減少します。

今後、XRP価格が安定するだけの取引量と時価総額が確保されれば、国際送金市場を席巻することでしょう。

 

Lisk

匿名性と決済速度をさらに向上させた仮想通貨です。

取引の記録をサイドチェーンという、トークンそれぞれにブロックチェーンを用意してコードを書くシステムを使用しており、The DAO事件のようなバグが発見されてもサイドチェーンのみをアップデートすることでメインチェーンに影響をあたえることがないのが特徴です。

プログラマーに馴染みのあるJavascriptを用いているため、今後の開発がさらに充実していくことが予想されます。

 

Factom

ビットコインのブロックチェーンを利用した、文章の保存に特化した仮想通貨です。

ブロックチェーン上にあるデータの改竄が不可能であることを利用し、電子データの分散管理を可能にしたデータ管理プラットフォームで、ある時点において確実にその文章があったことを、第三者の介入なしで証明する機能を持っているので、無駄な訴訟やコストを掛けずに済みます。

つまり、データ管理システムや書類管理などに活躍していくことが予想される仮想通貨です。

 

Monero

非常に匿名性の高い仮想通貨です。

モネロは送金を行うたびにワンタイムアドレスを生成し、第三者に取引履歴を見られても誰に送金したのかを特定することが不可能です。

また、取引履歴を閲覧するには専用の暗号キーが必要な仕組みになっています。

しかし、こうした不透明性はマネー・ロンダリングなどに利用されることが懸念され、法整備が進めば規制がかかることも想定されます。

 

Augur

イーサリアムのブロックチェーンを利用した未来予想型仮想通貨です。

胴元が存在しないため不正が全くないクリーンな賭博ができる通貨ということです。日本では賭博が禁じられているため敷居が高いと見られていますが、カジノや株のリスクヘッジなどありとあらゆる未来予測に基づく取引に活躍が期待されます。

今後、賭博に関する法整備が整えば国内でもさらに注目が集まることが予想されます。

 

Zcash

誰に、いつ、いくら送金したのかを完全に非公開にして取引ができる仮想通貨です。

当たり前のように仮想通貨による決済や送金が可能となれば、アドレスと個人情報が結びつく可能性があります。そうなればあらゆる犯罪に利用される事が予想され、そうしたトラブルを回避すべく個人の安全性にも配慮された設計になっています。

しかしこうした匿名性はマネー・ロンダリングなどに活用される懸念があるため、規制がかかる可能性もあります。

 

NEM

経済活動を促進させる人が取引の承認できる成功率が高くなる性質を持った仮想通貨です。

ビットコインのような一番早く承認した人が報酬を貰えるシステムではなく、NEMが提供しているAPIが使われた際の手数料が支払われる仕組みになっています。

ブロックチェーン技術知識がなくとも自分のトークンを作成できるという特徴があり、低コストで安全性に優れた電子マネーを作ることが出来るようになります。

 

DASH

プライバシー保持送金スピード優れた仮想通貨です。

ダッシュは取引の際に複数の送金をミックスして送金先の特定を出来ないように設計されています。

ビットコインと違い、取引の承認をする人はランダムに選ばれるためにブロックの生成間隔を短縮しています。そのため、ダッシュを利用した送金には約4秒と驚異的なスピードを実現しています。

 

Litecoin

簡単に言うとビットコインの改良版の仮想通貨です。

ビットコインのブロック生成間隔の短縮をセグウィットと呼ばれる取引記録の圧縮という手段で行っています。ビットコインも同様の手段を取っていますが、ビットコインよりも早くからセグウィットを実装しており、ビットコインの機能改善のための実験用プラットフォームとして考えられています。

 

MONAcoin

ライトコインから派生した日本初の仮想通貨です。

世界で初めて取引データの圧縮技術(セグウィット)を実装した通貨で、ブロック生成間隔は1.5分と決済に適した設計になっています。

日本での人気はありますが、世界に向けて浸透していくことが今後の課題の通貨と言えます。

 

まとめ

以上が日本国内の仮想通貨取引所で取り扱われている仮想通貨です。

前述したとおり、日本の取引所で取り扱われている仮想通貨は金融庁の許可が必要なため、将来性があるかどうかきちんと検討された上で流通していますので、上記の14種類すべてが注目されています。

それぞれに得意分野リスクがありますので、活用される際には自分の目的にあった物を選ぶのが良いでしょう。