仮想通貨

仮想通貨1万円が100万円に!賢いマイニングで驚くほど稼げる

 仮想通貨はインターネット上にだけ存在するお金であり、インターネット上でのお金のやりとりは暗号化されているため暗号通貨ともいわれています。民間で仮想通貨の仕組みが運営されており、仮想通貨をお金だと思っている人同士ならお互いに信用して取引が可能であり、為替や手数料を気にする必要もなく世界共通のお金として使うことができるので、最近では世界中で広まりつつあります。

仮想通貨は取引所でお金を払って買うだけではなく、マイニングという方法でも手に入れることができます。仮想通貨のマイニングとは、仮想通貨の運用をお手伝いすることであり、取引の確認を率先して行うことにより仮想通貨をもらうことができます。

では仮想通貨のマイニングって何?マイニングの仕組みは?という点について分かり易く説明していきます。

仮想通貨のマイニングって何?

仮想通貨のマイニングとは、仮想通貨の運用で取引の確認を率先して行うことにより仮想通貨をもらうことであり、世界中にいるメンバーがお互いに取引を確認し合うことで、正しさを保っているのです。

この仕組みを「ブロックチェーン」と言い、取引はすべて記録され古い取引から順につながっていきますが、一定期間ごとにすべての取引記録を取引台帳に追記することで整合性を管理しています。この 追記作業は「ブロック生成」と呼ばれています。 追記の処理には、ネットワークに分散されている今までの取引台帳データと、追記の対象期間に発生したすべての取引のデータの整合性を記録することが求められます。

このシステムのお陰で中央管理する機関を必要とせずに正当性を保つことができているのです。

つまり、マイニングに参加することはその通貨の整合性を管理する一役を担うという意味でもあります。

計算には有志のPCリソースを利用

これにはものすごい量の計算が必要となります。分散されて保存されている1つの大きな取引台帳のデータ、追記対象の取引のデータのすべてを正確に検証してから追記しなければならないのです。そこでその計算を世界各国のコンピュータに分散させて行っているのです。

そこでビットコインを始めとする仮想通貨では、この追記作業に有志のコンピューターリソースを借りています。余っているコンピューターの計算能力を借りることによって、膨大な計算を行い、みんなで共有する1つの大きな取引台帳に追記を行っているのです。

言い換えればマイニングとは仮想通貨の暗号化システム、取引履歴のシステムに参加するということです。

計算の報酬は?

しかしこの膨大な計算力を取引台帳データの整合性のために無料で貸し出すメリットがありません。

そこでこの追記作業のために膨大な計算処理をし、結果として追記処理を成功させた人には、報酬として通貨が支払われます。しかもこの報酬は新たに発行した通貨によって支払われます。つまりこの瞬間に通貨の新規発行が行われるわけです。

以上の流れが「採掘(マイニング)」と呼ばれています。

通貨の新規発行はこのマイニング方法しかありません。そのため仮想通貨の発展を信じる人達がマイニング活動に力を注いでいるのです。

まとめ

 マイニング作業を行うには資金が必要になります。 ブロック生成は演算作業や取引処理作業などによりその正当性を示しており、報酬を受け取るためには誰よりも早く作業を行わなればいけません。 そのためには高性能のコンピューターや膨大な電気代が必要となります。要するに、先行投資を行い、新たなコインを生成し、そのコインが流通として流れていくということになります。この一連の流れが、採掘道具を用意し、金を掘り出し、その新しい金が流通していくという流れと似ているので、仮想通貨のブロック生成が「採掘(マイニング)」と呼ばれる所以なのです。

この情報を聞いたらマイニングをして通貨を手に入れたい人も多いと思いますが、現在ではマイニング競争が激戦化してしまい、マイニング専用のコンピューターがなければ新規参入は難しい状況となっています。