質よりもスピードを優先すべき理由

この記事は2分で読めます

ビジネスでも何でもですが、一つの課題には時間をかけてじっくり取り組んだ方が質の高いアウトプットが得られると、一般的に世の中では思われているようですが、この考え方はビジネスにおいては基本的に間違っていると言えるでしょう。

実際のビジネスでは、勿論より質の高いアウトプットが求められますが、必要な時にタイムリーに出さないといくら質の高いアウトプットでも何の役にも立たないことが多いからです。

と言われても、早くても質が悪かったら意味が無いのじゃない?と思われる方もいると思います。

そこで、質よりもスピードを優先すべき理由についてまとめてみましょう。

ビジネスを加速するための必要不可欠な要素

ビジネスには様々なノウハウやテクニックが存在します。

マーケティング、セールス、ブランディング・・・を展開していくためには、SNSの運用によるブログ、メルマガ、アクセスアップ、読者増、ソーシャルメディア対策、広告、アフィリエイトといった方法が重要な施策の一つとなります。

そこでこのビジネスを加速していくためには、これらの施策を実行する必要な要素として、質・コスト・スピードがあります。もちろん、質は高いほど良いし、コストも安いほど良いし、スピードも速いのが良いに越したことはないのですが、まずはスピードが遅ければ話になりません。すなわちいくら高品質で低コストでも、必要な時に必要なアウトプットで無ければ、世の中のニーズにはタイムリーでないので全く効果が無いわけで、したがってビジネスを加速するための必要不可欠な要素は、質・コストよりスピードです。

初心者が質にこだわったところで限界がある

特に初心者の場合は経験も乏しくスキルはかなり低いので、いくら質の高いアウトプットを出すことにこだわって時間をかけても、限界があります。そもそもが低いレベルで、限られた狭い知識や乏しい経験の範囲の中で時間をかけても、新しくて斬新的なアイデアは生まれるものではありません。やっとできたアウトプットを出しても、時間がかかったわりには質はイマイチと言われるのが落ちでしょう。

期限ギリギリまで粘って中途半端な質のアウトプットしか出せないのであれば、いっそのこと恥を捨てて、期限よりも早いタイミングで出してしまって、そこで多くのフィードバックをもらって、これらを参考にして修正していった方が「ビジネスの進め方」としては正解です。質はイマイチだが、タイムリーにどんどん出してきて、質がどんどん上がってくるじゃないかと、印象も良く評価も高くなるでしょう。

つまり、多少質が満足できなくても、スピードを速め、まずは出してみて、フィードバックされた情報を参考にして組み入れていくことによって、質を高めていくやり方が、結局は仕事が速いわけです。

スピードを意識していれば結果的に質も上がってくる

このように、まずスピードを第一に考えてビジネスに取り組んでいくと、速くアウトプットを出していくごとにフィードバックが得られ、その都度改善して質を高めていくことになるので、結果的に質が上方にスパイラルアップしていく訳です。つまりその都度得られるフィードバックにより、頭脳が刺激を受けて活性化し、新しく斬新的なアイデアを出す能力が刺激されるからでしょう。

質の高いアウトプットを出すことにこだわって時間をかけるやり方では、多少の質の向上は見込めますが、あまりに非効率なのです。低いレベルで限られた狭い知識や乏しい経験の範囲の中でいくら時間をかけても、同じ平面で堂々巡りして渦を巻いているだけで、ノーヒント為に見当違いな努力をしてしまい、下手をすると時間をかけたのに全然質が上がらないというケースも起きるでしょう。

スピードを第一に考えて、早くアウトプットをし、できるだけ多くのフィードバックを得ることで改善の機会を増やし、

どんどんこれらを吸収することによって質を上方にスパイラルアップすることが大事です。

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

いつも応援ありがとうございます!

最近のコメント