旧エディターでワードプレスを使用したい人必見!解決策はこのプラグインにあり

この記事は2分で読めます

こんにちは!砂山です^ ^

2018年12月のバージョン5へのアップデートに伴ってエディターも一新されました!

新しいエディター名は

「Gutenberg」

新しくなったのは良いものの、これがなんせ使いづらい汗

Gutenbergの特徴として、ブロックという概念を使用することにより、リッチな記事を簡単に、そして直感的に
作成することができるとのことですが、この直感的に慣れるまで時間がかかりそう笑

また、まだまだ不慣れだということもあるとは思うのですが、やっぱり旧エディターで作業をサクサク進めたいなと^ ^

旧エディターが恋しくなり、旧エディターが使える方法を探しました!

Gutenbergを使用した人で僕と同じように旧エディターに戻したいな、という方には役立つ記事になっております〜(^ ^)

新エディター旧エディターの違い

左が旧エディターで右が新エディターなんですが、ご覧の通り見た目も全く違います!

新エディター空白多すぎ??と思ったのは僕だけでしょうか!

 

旧エディターに戻す方法とは!?

早速、旧エディターに戻す方法ですが、

それはワードプレスにあるプラグインを使います。

その名も【Classic Editor】です。

Classicは直訳すると古典的な〜みたいな意味があるそうなので、昔のエディターみたいな感じで

なんとなく旧エディターにできるのかなーって思えるネーミングですね!

そんなClassic Editorの使用方法をご紹介いたします。

インストール手順

ワードプレス公式プラグインのClassic Editorですが、

2021年12月31日までサポートを受けることができるそうです。

プラグインの新規追加にて「Classic Editor」で検索。

これをインストールしていただき、有効化するだけで、

投稿画面が旧エディター仕様に!!うん、懐かしい!

プラグインて最強に便利だな〜って感じた瞬間でした(^ ^)

エディターの切り替えは超簡単

旧エディターに戻された方の中には、

たまにはGutenbergでも作業しようかな〜と思う人もいるかもしれません!

エディターの切り替えは超簡単!

投稿⇒投稿一覧

そしてタイトルのところにカーソルを合わせていただくと、

下のところに、ブロックエディター旧エディターと2つでてきますが、

ブロックエディターがGutenbergになりますので、Gutenbergを使用したい方は

ブロックエディターをクリックして投稿画面へ入ってくださいね!

これでGutenbergが使用できます^ ^

まとめ

ワードプレスを旧エディターで使用する方法、いかがでしたでしょうか?

プラグインを新規追加するだけで解決するので、簡単だったかなと思います!

やっぱり作業を進めていく上で、自分が快適にできる環境づくりが大事ではないかと思います。

ぜひ、旧エディターで作業を進めたい方は、今回の記事を参考にしてみてくださいね^ ^

最後までお読みいただきありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

いつも応援ありがとうございます!

最近のコメント