Facebook

Facebookで集客のポイント解説。コミュニケーションで集客力UP!

様々なSNSサービスの登場で「古い」とさえ言われてしまうことのあるFacebookですが、集客をする際にはその充実・定着した機能を大いに活用していただける画期的なSNSなんです。
 日本国内のユーザー数だけでも2,700万人、コミュニケーションはもちろんビジネス集客・問い合わせ・コミュニティーを作るなどたくさんのことができるようになっています。

 今回はこのFacebookで集客をする方法についてご説明します。一度Facebookで集客を行ったことがあるけれどうまくいかなかった方も、これからやってみようという方も参考にしてみてください。

Facebook集客~集客効果~

 使用頻度ランキングではLINEに抜かれ手軽さはTwitterの方がいいと言われてしまうFacebookですが、そもそもSNSを使った集客で重要なのは「検索順位」「信頼」です。

・検索順位  
 拡散力も大切ですが、結局は特定のSNS内での効果に留まってしまうため、不特定多数の人が検索をするWAB検索で上位に表示されるかどうかがポイントになってきます。

 その点で考えるとFacebookはWEB検索をした際に必ずと言って良い程、検索1ページ目に登場してきます(SEO・検索エンジン最適化に強い)。

 もちろん他のSNSも登場することがありますが数で言うとFacebookがダントツです。実際公式HPを持たない店舗、企業がFacebookをHP代わりに利用していることも見受けられます

 ここで気を付けなければならないのが、頻繁に更新することです。

 WEB検索で上位に表示されるのは長い期間が経っても継続されやすい傾向にあります。嬉しいことですが、逆に言うと更新を怠れば古い情報がずっと晒され続けるということになります。顧客ならいざ知らず、新規客が何か月も前の古い情報を見たところで足を運んでみよう、商品を購入しようと思うでしょうか。印象は良くないはずです。
 店舗に来店、商品を購入する前に情報収集をするのが当たり前の時代になってきた今、検索上位に表示されやすいFacebookページは店舗や企業の看板だと思って大切に運用してください。

・信頼  
 他のSNSと異なるFacebookの大きな特徴は「実名登録」であることにあります。
 公式ページは他のSNSでももちろん信頼感を持って見ることができますが、コメントの方になるとやはり実名で「おすすめ!」と言ってくれている人の言葉の方が他SNSの匿名投稿と比べると絶対的な信頼感が生まれます。

Facebook集客~ブログ読者を増やす~

 Facebookにブログを投稿しても反応が薄く集客にもなかなか繋がらない、これから投稿をしたいけれどどんなことを載せれば良いのか分からないという方は以下の点に注意をしながら投稿をしてみてください。

①アイキャッチ画像とタイトルの工夫 
 Facebookは上から下へどんどんスクロールしていってしまいます。また友達が多ければ多い程インパクトのある画像やタイトルでなければ他の投稿に埋もれてしまい目にしてもらえません。パッと見ただけではブログの中身が分からない以上、まず最初の画像にインパクトを持たせ、タイトルで「お、何だ!?」と読み手に思わせることが重要です。

画像の場合
・一部だけのチラ見せ
画像に文字を入れる
・ブログの中身と関連性のある画像にする 

タイトルの場合
・何となく内容の分かるタイトルにする
を書かない
煽りすぎない 

 それぞれこのどれかを意識するだけでも読み手に与えるインパクトは大分変ってきます。

②こまめに更新する 
 Facebookは「エッジランク」という機能があり、つながりの強さを測定するシステムがあります。投稿をすれば友達全員に表示されていると思うかもしれませんが、投稿数が少なく相手との接点が減るとタイムラインに表示されなくなってしまいます。1週間に1回・1か月に1回でも放置せずにコツコツ更新をしていきましょう。

③投稿する時間を調節する  
 ブログを書いたらいつ投稿して良い訳ではありません。多くの人にリアルタイムで見てもらうために投稿する時間を調節します。Facebookユーザーが多くログインする時間帯は7時・12時・21時と言われています。時間つぶしに見る朝昼、じっくり見る夜という傾向がありますので、たくさんの人に見てもらえるように投稿をする時はこの時間帯を狙ってみましょう。

④相手の投稿も応援しコミュニケーションをとる 
 自分の投稿を見てもらうには相手の投稿も興味を持って読み、積極的にコミュニケーションを取ります。自分の投稿がシェアされたりコメントがもらえると嬉しくて相手を応援したくなりますよね。自分が嬉しいと思うことは相手にもしてあげましょう。 

Facebook集客~イベント作成・招待~

 イベントを立ち上げると、イベント内で投稿もコメントも写真・動画の共有もできます。ビジネスではセミナーやワークショップ、交流会などのイベント集客にも活用できるので大変便利です。
 PCからはニュースフィールド、スマホからはその他から「イベント」を選択すれば簡単に作ることができます。注意したい事として

・イベントの公開範囲 
 公開/非公開はよく考えて設定してください。非公開の場合参加者以外から投稿内容等の確認ができず、後からの変更もできません

・招待された人からの招待の許可 
 許可にしておけば招待した人が知り合いを招待することができるようになります。

 イベント立ち上げ直後は誰も知らない状態ですので、決まったメンバーがいればシェアしたり友達を招待したりして参加者を増やしていきましょう。

 第三者向けの場合は「イベントを宣伝」で有料になりますが広告を打つことができます。ビジネスとして多くの集客を望むなら有料の広告を打つのは必須になってくるかと思われます。

Facebook集客~運用のコツ~

①宣伝ばかりは逆効果 
 HP代わりにFacebookを活用していく場合投稿する内容はついつい宣伝が多くなってしまいがちですが、それではお客様との距離を縮めることは難しくなってきます。もちろんセール情報などは是非とも載せていただきたい情報ですが、たまには「宣伝ではない内容の投稿」をしてみてはいかがでしょうか。

・店の創業エピソード

・店のコンセプト

・お客様とのエピソード、Q&A

・豆知識

 こういった内容の投稿や、基本的にはテキスト形式の投稿の中に画像や動画といった変わった投稿をしてみるのも注目が集まって「いいね!」が多く集まることもあります。

②プロフィール欄を忘れずに 
 また忘れてはいけないのが「プロフィール欄を最新の状態にすること」です。定休日、住所などが変わったときは特に注意して最新の情報を発信するようにしてください。見る側からすると公式HP=最新情報という気持ちで見ています。ちょっと忘れていただけでもクレームに繋がることもありますので気を付けましょう。

③更新しすぎもNG 
 FacebookはTwitterのような実況中継型のSNSとは異なり、日記形式に近いSNSです。1日に4回も5回も更新されると見る側は逆に煩わしさを感じてしまいますので、頻繁に更新すると言っても1日に2回未満位が最適な更新量となります。

まとめ

 Facebookの本来の使い方は、実際に知っている人とオンラインの世界で繋がることです。相手とコミュニケーションを深めることがメインと言ってもいいでしょう。

 Facebookで集客をする際は読者を惹きつける投稿をコツコツと繰り返し繋がっている相手と積極的にコミュニケーションを取り、イベントを立ち上げるのであれば有料広告を打っていくことが成功への近道です。