Facebook

Facebookの集客力は絶大!

今の時代にFacebookって集客効果ありますか?
先日、ある方がこんなことをおっしゃっていました。

「自分もFacebookアカウントは持っているけれど、今はチェックしていないし、使っていない。」
「LINEならよく使う。」「Twitterの方が手軽だし。」
と思っている方も多いと思います。

確かに、総務省の発表したデータでは、「最近約1年以内に利用した経験のあるSNS」で、FacebookはLINEに抜かれ2位となっていました。

しかし、ここで一つ言いたいことがあります。
『Facebookは多くのSNSの中で最も《広告効果》を発揮』しているSNSです!!!

今回は、Facebook集客の効果についてお伝えしていきます。

 

なぜFacebook集客が重要になるのか?その①

「実名登録のユーザーが多い」の画像検索結果

Facebookと他のSNSを比較した際に、大きく異なる点の一つは『実名登録のユーザーが多い』という点です。

総務省の調査によると、Facebookにおける実名利用の割合は、Twitterの3.6倍になっています。
内輪での利用が多いと言われているLINEよりも20%以上多いという結果になっています。

ユーザーは、「公式ページである以上は、TwitterであれInstagramであれ確かな情報が載っているだろう…」と思うので、どのSNSであっても一定の信頼感はあるでしょう。

しかし、『コメント』という点でいうと、Facebookは他のSNSを大きく上回る効果を発揮します。

実名を公開して「おすすめのお店です」「お気に入りのブランドです」と投稿されたFacebookコメントは、匿名投稿が多い他のSNSのコメントより、『信頼感』を与えます。

事実、Facebookページには、『レビュー欄』というユーザーが評価する欄があります。
そこに、「★5 また行きたいです」「★4.5 とても感じのいいお店でした」という実名のコメントが並ぶ様子は、どんな素晴らしい宣伝文句よりも信頼度があります。

実名を出して勧めるお客様のコメントは最高の信頼感を生み出します。

 

なぜFacebook集客が重要になるのか?その②

「WEB検索で上位に表示される」の画像検索結果

 

Facebookと他のSNSを比較した際に、大きく異なる点の二つ目は『WEB検索で上位に表示される』という点です。

webで『ブランド名(店舗/企業名)』を検索しても、Facebook以外のSNSはほとんど上位に表示されません

一方、Facebookは、必ずと言っていいほど検索1ページ目に登場します。
それくらいFacebookは検索エンジン最適化に強いのです。
実際、公式HPを持たない店舗や企業においてはFacebookがHP代わりによく使用されています。

Facebookページがweb検索において上位に表示されること
この現象は、たとえFacebookの更新を怠ったとしても、続く可能性が高いです。

つまり、『Facebookページの更新をサボっていると、それを顧客に見せ続けること』になってしまうのです。

確かに、リピーターさんであれば、最近は他のSNSに注力しているんだなと理解してくれるかもしれませんが、

しかし、新規顧客の場合はどうでしょうか?

例えば、「〇〇(ブランド名)」で検索して、公式HPや注力しているSNSより上位に表示されたFacebookページを見たとします。

そのページの更新日がとても古いものであったり、他のサイトへのリンクばかりで情報が薄いものであったりした時、新規のお客様はどのように思うでしょうか。
少なくとも、『良い印象は持たない』ですよね。

今の時代、初めて店舗に来店したり商品を購入したりする前に情報収集をするのが当然になっています。
検索上位に表示されやすい『Facebookページ』は、いわばブランド(店舗/企業)の看板です。

手間はかかりますが、大事に運用していきましょう。
きっと、皆さんの知らないところでも良い効果を生むはずです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。このように、店舗・企業の集客のかたちを考える上で、『Facebook』は決してないがしろにしてはいけません。

大事なのは次の二点です。

Facebookページがweb検索において上位に表示されること

『実名登録のユーザーが多い』

これらの特徴によって、Facebookは他のSNSに比べて、絶大な宣伝効果を発揮するのです。