お得情報

フルフィルメントby Amazon(FBA)のメリット・デメリットは?

 出品者としては、商品を仕入れてから売れるまで、自分で商品を仕入れて保管し、商品が売れたら自分で商品を梱包して発送する・・という流れになりますが、結構大変な作業です。在庫数が増えれば増えるほど、商品を保管しておくスペースを確保するのに苦労するし、しかもそんな大量の在庫の中から売れた商品を探し出し、梱包してそれを発送までしなければならないのですから、対応しきれなくなってきますし、挙句の果て肝心の新しい企画にも手がまわらなくなります。

 そのため、自分以外でもできる部分はできるだけ外注したいところですが、注をするには信頼できてブランド力のあるサービスを選ぶ必要があります。

 そこで強い味方になるのが、amazonが提供している「フルフィルメントby Amazon(頭文字を取ってFBAと呼ぶ)」というサービスです。今回は、そんなフルフィルメントby Amazon(FBA)について、メリットとデメリットを交えながら解説します。

フルフィルメントby Amazon(FBA)とは?

 フルフィルメントとは、「注文を実際に行うこと」を意味しており、ECサイト上で商品が注文され、それがユーザーの元へ届くまでの業務全体がフルフィルメントです。つまりフルフィルメントは商品の発注、梱包、発送、在庫管理を含む物流、顧客データの管理、返品やクレーム対応、決済などの一連のサービスをいい、FBAとはこれをAmazonが一括で対応してくれるサービスなのです。

フルフィルメントby Amazon(FBA)のメリット

① 業務の効率化

 FBAというシステムは、アマゾンが在庫商品を預かってくれて、しかもその商品が売れた場合、梱包から発送までアマゾンが行ってくれるサービスなので、在庫スペースに悩まされることもなく、商品が売れた後の梱包、発送までも全く自分でやる必要がなくなるのです。自分で行う必要があるのは、出品した商品をアマゾンに発送するまでで、極端な話、売りたい商品をAmazonに送ってしまえば、放っておけるシステムなので、圧倒的に業務を効率化することができるという素晴らしいメリットがあるわけです。

② 商品が売れやすくなる

 FBAを利用すると商品が売れやすくなるのか? それは送料が無料になるし、決済方法の選択肢が増えるし、しかもAmazonのブランドを利用することで信用されやすいからです。

 購入者が商品を送料無料で購入できるので、送料が有料の出品者よりも送料無料のFBA出品者の商品の方が当然売れやすくなります。

 自己発送の商品は、基本的にクレジットカード決済ですが、クレジットカードを持っていないとか、クレジットカードを使いたくないという人が、一定数いるものです。FBAを利用すれば、代金引換を決済方式に追加することが可能なので、クレジットカードを使えない人でも商品を購入できるようになり、決済方法の選択肢が増える結果として売上の成長につながります。

 そして、AmazonはECサイトの最大手なのでAmazonなら安心だという人が圧倒的に多いので、ブランド力は売上げアップに貢献してくれます。

フルフィルメントby Amazon(FBA)のデメリット

①手数料がかかる

 Amazonに作業をしてもらう以上、それに対して対価を払うのは当然ですが、手数料がかかるので利益が減ってしまうということです。しかしその商品にこれらの手数料を上乗せしても、Amazonのブランド力や送料無料などの理由で売れていくメリットの方が大きいのです。

②商品の状態を確認する手間が必要

 商品をAmazon側に送ってしまうと、商品の状態を把握できなくなるので、場合によってはクレームの原因になることもあります。商品の状態を確認するためには、手元に商品を戻して商品の状態を確認する、確認後再出品という手間がかかります。

まとめ

 FBAは、商品を預けるだけでAmazonの販売サポートを利用できるという便利なサービスです。 しかし、全ての商品、すべての状況においてFBAを利用するのが絶対に得というわけでもありません。ある場合はFBAよりも自己発送の方がいいこともあるでしょう。よく検討して、上手に活用することをお勧めします。