アフィリエイト

そもそもアフィリエイトってなに?意味の理解を!

 「アフィリエイト」という言葉は日頃何気なく使っているウェブマーケティング用語ですが、その言葉の意味はちゃんと理解して使っていますか? アフィリエイトを始めようとしているのだけれど、今さら人に聞くのはちょっと恥ずかしいという方、ここでアフィリエイトの意味をしっかり理解しておきましょう。

アフィリエイト(affiliate)の用語説明

 アフィリエイトの本来の意味は「提携すること」で、パソコンの世界では、主にウエブサイトの作者と通販サイトとの「提携」を指します。ウェブサイトの作者が自分のページで商品を紹介し、それを読んだ人が通販サイトでその商品を購入したら、一定額の謝礼がウェブサイトの作者に支払われるという成功報酬型の広告手法をいいます。ウェブサイトの作者は商品を紹介する際、特別なアドレスへのリンクを張っておきます。このアドレスは誰のページから購入しに来たかが通販サイトにわかるようになっており、謝礼を正確に支払えるようになっています。アフィリエイトの始まりは、1996年に開始された米アマゾンドットコムのアソシエイトプログラムだと言われています。 

通販サイトの企業・ウエブサイトの作者・ユーザーの三方にメリットのある広告プログラム

 アフィリエイトは、ウエブサイトの作者と通販サイトの企業との「提携」により、パートナーシップを組んで商品の魅力を発信することで、双方の利益になることを目的としたマーケティングプログラムです。

 通販サイトの企業にとっては、自社と異なるチャネルで広く自社商品について宣伝してもらえるメリットがあり、さらにアフィリエイトプログラムを通じて、潜在的に商品に関心を持つ層に接することも期待できます。そして成果報酬型の広告手法であるため費用対効果を管理しやすいこともあり、多くの企業にとって取り組みやすい手法として急速に普及しました。

 一方ウエブサイトの作者側にとっても、アフィリエイトプログラムへの参加により自分のWebサイトやメールマガジンに必要なコンテンツを企業側から得ることができ、さらにそれを収益にもつなげることができるメリットがあります。その仕組みも簡単なタグの埋め込みのみで実現できることから、多くの個人や企業がアフィリエイトに参加しています。

 また、ウエブサイトの閲覧者にとっても、企業サイトとは異なる視点や切り口での商品紹介を目にすることにより、商品選択の際の判断材料が増えて目が肥えるメリットがあり、また欲しいと思った時にリンクからすぐにECサイトにアクセスできるメリットがあります。その意味で、ウエブサイトの作者側と通販サイトの企業だけでなく、閲覧者であるユーザーにとってもメリットのあるプログラムであると言えます。

アフィリエイトの抱える問題点と改善

 ところが、本来は通販サイトの企業・ウエブサイトの作者・ユーザーの三方にとってメリットがあるプログラムであるはずのアフィリエイトが、うまく回らないケースも発生しています。

 例えば、ウエブサイトの作者側が本来の商品の良さを伝えるのではなく、アフィリエイトの「収益」のみに着目し「とにかく売る」ためだけの目的でプログラムに参加している場合が想定されます。

 特に経験もしていないのに、あたかも経験したかのようなエピソードを添えた商品やサービスのレビュー記事の掲載や、薬事法等の法律に触れる表現を用いた商品の紹介、そしてこれら記事の乱立によるブランドイメージの毀損があります。

 またアフィリエイトリンクのみを掲載しているような実体のないサイトからの被リンクによる企業側サイトSEOへの悪影響が増えています。

 これらは、企業側・ユーザー側にとって不利益となることであり、アフィリエイトプログラムを提供するASP側も取り締まりを行っています。

 そこでGoogleの検索アルゴリズムはサイトの「質」を重視して対策を講じてきており、実体のないアフィリエイトリンクサイトは淘汰される方向に向かっていますので、これからはより質の良いコンテンツのサイトでないとトラフィックを集めることができないようになります。そして当然、一定のトラフィックが集まらなければ、アフィリエイト収益も見込むことができないでしょう。

 もちろん、ウエブサイトの作者側だけでなく、アフィリエイトプログラムに参加する通販サイトの企業側にも「モラル」が求められます。アフィリエイトを本来の目的で活用するためには、企業も「宣伝のためにウエブサイトの媒体を利用する」という姿勢ではなく、「よりよい媒体にパートナーとして選んでもらう」努力が不可欠です。ただ単に成果報酬金額を上げるのではなく、質のよい媒体に取り上げてもらえる商品作りや、商品ストーリーの提供、また適切な「成果報酬の承認・支払」の実行が大切でしょう。