アフィリエイト

アフィリエイトを始めるならAmazonアソシエイトで!

 アフィリエイトとは、広告をホームページやブログに設置することによって商品やサービスの宣伝を行い、商品やサービスが広告を介して売れたら、売り上げのうちの数%が仲介業者を通して広告を設置した人へ支払われるという仕組みです。広告費は企業から仲介業者に支払われ、このようなサービスを行っている仲介業者はASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)と呼ばれており、アフィリエイトを始めるには、これに登録しなければなりません。

 ASPは沢山ありますが、Amazon アソシエイト(アフィリエイト)とは、大手ECサイトであるAmazonが行っている成果報酬型のASPサービスです。ここではアフィリエイトを始める方には使いやすいAmazon アソシエイト(アフィリエイト)についてご紹介しましょう。

Amazon アソシエイト(アフィリエイト)の特徴

 Amazonのアカウントを登録すればすぐに始めることができ、およそ5000万点の商品を取り揃えているので選択の自由度が非常に大きいです。Amazonが広告を設置したい企業から広告費を募り、実際に広告を通して商品が売れると、商品カテゴリに応じた紹介利率×売上金額の報酬が支払われます。ブログのアクセス数が上がるほど売上金額も上がる傾向にあるため、多くのブログ運営者はブログのアクセスアップのためにデザインを変えたり、SEO対策を行っています。以下に、Amazonアソシエイトの特徴をまとめました。

  1. 無料で参加できる
  2. 商品数:5000万点以上から、紹介したい商品を選べる
  3. 広告の表示形態は、「リンク&バナー」・「ウィジェット(ブログパーツ)」など、17種類もの形態がある(詳しくは、「Amazon アソシエイト:豊富なリンク方法」を参照)
  4. サイト上の商品紹介リンクを、閲覧者がクリックしてから注文するまでの時間は、24時間が有効期間となる。

Amazonアソシエイトのアカウント登録手順

  Amazonのアカウントを持っていない方は、「Amazonアソシエイト:アカウント登録ページ」にアクセスし、「無料アカウント作成」ボタンをクリックして画面に従って記入していくと簡単にアカウントの登録ができます。
 

「審査」に受かるポイント

 
 次は「審査」ステップへと進みます。Amazonアソシエイトを利用するために、通らなければならない「審査」に合格するために必要といわれているポイントがありますので、以下にまとめてみます。
 
 1.記事数
  記事数が少なすぎると審査に通らないため、最低でも10記事は用意する必要があります。しかも一度に10記事を投稿したものではなく、徐々に 増えたように期間を空けて投稿したほうが良いと言われています。
 
 2.利用規約の確認
  事前にブログ投稿サイトの利用規約を確認し、アフィリエイト広告を設置しても問題がないことを確かめることが重要です。無料ブログ投稿サイトではアフィリエイトを禁止しているものもあります。この点、広告設置が自由に行えるWordPressは非常に便利でおすすめします。レンタルサーバーと独自ドメインを取得してブログを開設するまでは手間がかかりますが、慣れれば制約といったものがほとんどないため、近年はWordPressを始める方が多くなっています。
 
 3.購入履歴
  傾向としてAmazonで購入履歴のあるアカウントで申請した方が通りやすいようなので、もしAmazonで過去に商品を購入したアカウントがあればそちらを使ったほうが良いでしょう。
 
 4.禁止事項の確認
  Amazonアソシエイトの審査は厳しいと言われており、ブログやホームページの内容が禁止事項に触れていないか事前に確認する必要があります。Amazonが掲げている禁止事項としては以下のものがあります。
 (a) 性的に露骨な内容を奨励するサイト。
 (b)暴力的内容を含むサイト
 (c) 誹謗中傷を奨励する内容を含むサイト。
 (d) 人種、性別、宗教、国籍、身体障害、性的指向もしくは年齢による差別を奨励したり、差別的慣行を用いているサイト。
 (e) 違法行為を奨励、実行するサイト。
 (f) 他社の商標や変形、スペル違いなどを、ドメイン名、サブドメイン名、ソーシャルネットワークサイトのユーザー名、グループ名などに含むサイト。
 (g) その他知的財産権を侵害するサイト。
 (h) 上記のほか、Amazonが本プログラムに適切でないと判断するサイト。
 

審査」に無事受かれば

 3営業日以内には、審査結果がメールとして返って来ます。「審査」に無事受かれば次は、自分のサイトに、「アフィリエイト・リンク」を設置する作業になります。アソシエイトの管理画面を開いて、「今すぐリンクを作成」と表記された部分にキーワードを入力して、「Go!」ボタンをクリックするとキーワードに関連する商品一覧が表示されるので、アフィリエイトしたい商品の「リンクを作成」ボタンをクリックすれば、この商品リンクの広告コード(HTML)が取得できます。

まとめ

 Amazonアソシエイトの長所は、楽天アフィリと同様 品揃えがどのASPよりも規模が大きいことです。 A8.net等のASPは同じ物販系でも、 収益が高くなるかわりに品揃えが少ないという欠点があります。それぞれのASPのメリット、デメリットをよく比較検討して自分に合ったASPを選ぶことをおすすめします。