仮想通貨

仮想通貨はエイダコイン!2018が狙い目か⁉

 エイダコイン(Cardano ADA)はプレセールからたったの2ヶ月で300倍になったことで一躍有名になったのはご存知でしょうか?

 2017年10月に初めて上場してから、短期間で急激な価格高騰を記録し、2018年3月8日時点では時価総額ランキングで7位につけています。

 日本の取引所では購入できませんが、実は世界的天才数学者をはじめとするチームで開発された仮想通貨で、歴史もある通貨なのです。 しかしこれだけではエイダコインを信用して買ってみようという気にはなりませんね。

 そこでここではそんなエイダコインについて、どんな仮想通貨か、特徴や仕組み、購入方法などを解説します。

エイダコインってどんな仮想通貨?

  

 エイダコインは、Cardano(カルダノ)というオープンソースの分散型プラットフォーム上で使われる通貨です。通貨の名前は、「Ada」となっていて”coin”が入っていませんが、読み方は「エイダコイン」となっています。カダルノはオンラインカジノで、エイダコインはその賭け事を平等・公平に楽しむためのチップとして使われます。(不正行為をなくすためのコイン)

 エイダコインは、プレセールの段階から人気だったのですが、その理由としては、世界的天才数学者のチャールズ・ホスキンソンが開発に携わったということが挙げられます。時価総額が第2位のEthereum(イーサリアム)や、20位圏内のBitShares(ビットシェアーズ)といった暗号通貨の開発に携わった『暗号通貨の第一人者』であり、天才数学者でもあります。

 エイダコインの運営・管理は、カルダノ財団によって行われており、カルダノの技術的な開発は「IOHK(Input Output HongKong)」が担当し、カルダノプラットフォームの利用をベンチャー企業に呼びかける営業は「Emurgo(エマーゴ)」が担当しています。

エイダコインの特徴

エイダコインの特徴には、

  1. トランザクション処理が速い
  2. 手数料が安い
  3. セキュリティが高い

などがあげられ、『速い』『安い』『安全』で信頼されています。これらはイーサリアムにはなかった特徴で、チャールズ・ホスキンソン氏はイーサリアムの欠点である「遅い」「手数料が高い」という問題を解決し、高く評価されるようになったのです。

 エイダコインの目標は『仮想通貨の完成版を作ること』であり、世界一の仮想通貨としての地位を築き実社会で利用される可能性は十分にあります

エイダコインの2018年の価格予想

 2017年11月の終わりから突如急騰して、1ADA=0.03ドル付近からわずか数日で1ADA=0.14ドルまで上昇しました。日本円にすると15円ほどですが、その後も上昇を続け、2018年1月には、1ADA=100円の大台を突破しました。上場後に購入した人でも、10〜30倍の値上がり益を受けられたことになります。

カダルノは夏までにメジャーアップデートを実装する予定ですが、そのアップデートが行われると、2018年の夏までに1ドル~1.5ドル(115円~170円)になると価格予想されています。

エイダコインの購入方法

 エイダコインは残念ながら日本で購入することはできませんので、国内の口座からBTC(ビットコイン)などで世界規模の取引所に送金する必要があります。まだ口座をお持ちでない方は、大手のビットフライヤーやザイフで口座を開設して、送金するのが安全です。送金手数料の安さを重視するなら、ザイフやビットバンクを、取引所のセキュリティの高さを重視するならビットフライヤーやQUOINEXを利用するのがおすすめです。

まとめ

 上場して1年も経たずに時価総額が5位になったエイダコインですので、今後の動向から目が離せない仮想通貨の一つです。

しかし仮想通貨の時価は世界情勢などにより激しく変動することもあるので、予想通りに推移するものではありません。やはり余剰資金で運用することが安全です。